健康コラム

$logo_alt
2016年10月20日

痛めた跡の揉みかた

店主の周りには、大きな怪我があって、その後身体の動きが悪くなった方が多数いらっしゃいます。 店主自身もその一人。 怪我をした方は、凝り固まる様子が一般的なこりとは違って、怪我の周りの筋肉や皮膚に、力が入って固くなっている触感です。 上記の状態になっている方に話を伺うと、忘れていた古傷があったことも。 こういうときは、傷だったところの周りから、少しずつ揺らすなり、ほんの少し押したりして、かすかな隙間を開けるように揉んで、柔らかくなるのを待ちます。 長期戦のように思えますが、少しのきっかけができると、するりと動きやすくなるのです。   この頃店主は、自分の頭や手のひらの古傷を揉んでいます。 手のひらをもみ始めてから、今までずっと力が入っていた腕の筋肉が、柔らかくなってきました。 ほっとするぐらい、楽になります。 皆様も、ほぐれて楽になりますように、といつも考えながら、揉ませていただいております。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2016年10月15日

おなかぽっこり解消法(その3)

今回は、特に女性がなりやすいぽっこり状態について。 下着、特にブラジャーのアンダーがきつい状態ではありませんか? そういう人は、実はぽっこりおなかになりやすいです。 体表リンパの流れをとどこおらせたら、リンパ液は、重力に引かれて柔らかいお腹や足へ……。 なので、まずは下着を胸が支えられる範囲で少し緩めてみましょう。   アンダーバストを緩めたあとですが。 それだけでは、おなかぽっこりは解消しづらいのです。 実は、今まできつくしていた場所の上部(脇とか胸とか)に、固くなったゼラチンのようなコリができています。 それがダムになって、胸側に行きたい体表リンパを邪魔してます。 なので、ゼラチン状の物体をほぐす必要があります。 真ん中をごりごりとほぐそうとすると痛いので、お肌に手を当てて揺すります。 腹側の固い端っこから、少しずつほぐして、脇や肩、鎖骨近辺まで。 水分補給は忘れずに。この場合は、クエン酸やビタミンCが入っている飲料がお勧めです。   あくまで、今までの自分とお客様を触った体験に基づいていますので、確実な効果は保障できません。 むしろ、やってみてどうなったかを、成否にかかわらずお教えいただくとうれしく思います。   ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2016年10月13日

おなかぽっこり解消法(その2)

さて、昨日に引き続き、おなかがぽっこりしている方への話です。 おなかがでっぱっているうえに変に固くて、呼吸が浅い方に、試してみてほしい方法です。 ただし、事前に水気をそばに準備しておいてください。 個人的にはコンソメスープとか白湯スープがお勧めですが、お酒以外でお好きな飲料でかまいません。   こちらも方法としては簡単。 椅子に座る、または、横向きに寝そべって、おなかをゆするようにもみほぐします。 寝そべる方は、片側だけでなく、逆方向に横になって、もう片方も揺すってください。 ただ左右に揺するだけではなくって、上下にも揺すってほぐしてください。 無理無理に力を入れて押し込むのではなく、ほんとうにおなかの中を揺らす感じでゆっさゆっさと。 おなかの真ん中だけではなくて、肋骨のそばまでゆさゆさと。   何度かやっていると、いきなりべりって感触があったり、おなかが柔らかくなったりします。 そのあと、急に水気がほしくなります。 頭がしめつけられるような感覚にもなります。 こうなってから「水~~っ」と探すのはつらいので、事前に用意をしておいてください。 水を飲んでから、頭を軽く揉んでおきましょう。 落ち着いたところで、おなかに自然と力が入るようになってたら、完了。 息も楽になっていると思います。   自分の経験からの話ですので、個人によって差はあるとおもいます。 合う、合わないもあると思いますので、絶対これ、とは言えません。 ただ、私はこの後、自然とまっすぐ立てるようになり、実は懸案だった尿漏れがおさまりました。   昨日の話も、今日のこれも、なぜそうなるのか、というのは今の医学だと説明がつきません。 地道に検証を重ねていこうとおもいます。   ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2016年10月12日

おなかぽっこり解消法(その1)

これからの話は、ずっと、書くかどうか悩んでいたものです。 だって、西洋医学的にはなんだそりゃ、って言われる方法ですから。 ただ、確かにむくみ足でおなかがぽっこりしている人にしてさしあげると、楽になることが多いんです、すごく。 しかも、おなかだけでなくて、足のむくみ水も少なくなっていくんです。 自分にやってみても、明らかにむくみがへっていくので、まだ医学では解明されてないけど何かあるのだろうと思いました。 だから、書くことにしました。   方法は簡単。 頭全体をわしゃわしゃと揉みほぐすだけ。 額とか、耳回りとか、後頭部とかの筋肉があるところだけではなくって、頭全体です。 お肌と頭蓋骨が別々に動くようになるまでほぐせば、頭のつらさもすっきりするし、ぽっこりおなかも少なくなっている。 そのあと、首を回したりひねったりして、軽くほぐすとさらによし。 たんこぶができているところとかは、いきなりぐいぐいやると痛いので、数回に分けてゆっくりほぐしましょう。   それでもおなかが苦しくて、息が浅い方は、また別の手がありますが、それはまた次回にて。   ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2016年10月08日

店主がなったぎっくり腰と、その対処

先日、ぎっくり腰になりました。 床に落ちてしまった洗濯物を、お辞儀の要領で取ろうとして、ぐき、っと。 上体を起こすことができなくなり、伝い歩きで寝床まで行って、寝転がりました。 そこで、どの筋肉がどうなったのか、チェック。 ひねってみたり、動かしてみたり。 どこで痛みを感じるか、どういう動きができるか、試してみました。   店主の場合、よりによって骨盤内から腰椎に伸びている大腰筋が、がっちりと緊張していて、伸びてくれません。 それでは、腰が曲がったまま伸ばせないのも道理。 さらに、胴体が骨盤にぐいっと近づいているせいか、骨盤が開いてしまっています。 そのまま身体を支えようとする結果、大臀筋から伸びる腱をはじめ、足の両脇が緊張しています。 この二点を何とかしないと、まともに立つことができません。 ただ、足の両脇を揉むことはできるのですが、骨盤内の筋肉をどうすれば……と悩んでいると。 「わたしがぎっくり腰になったとき、転がったまま足をまっすぐ引っ張ってもらったよ」 と、保育士が助言をくれました。 なんでも、足を普通に立つ方向に引っ張ってもらって、その後足裏のかかとそばを押してもらった、と。 そうすると、痛みが軽くなって、再発はしなかったそうです。   なるほど、身体の重さで軽く固定して、引っ張ることで骨盤内の筋肉をストレッチ、と。 その後かかとの際を押すことで、深部筋への血流刺激、かな? 理は通るので、保育士にお願いして、自分でもやってみると……痛みは激減。 ずっと身体が緊張していたせいか、よたよたはしますが、まっすぐ立つことができるようになりました。   ある日、知り合いが目の前でぎっくり腰らしき状態で、腰を曲げたまま動けなくなったときに、即座に上記の方法を試しました。 店主は急ぎの用事ですぐその場を離れたのですが、知人、そこからすぐ痛みもなく動けたそうです。 「本当にぎっくり腰になったのか、わからないんだよね。あれ、なんだったんだろう」 すぐに楽になってしまうと、痛めたときの様子がわからなくなるもんなんですね。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d