ブログ

$logo_alt
2018年06月28日

毎週金曜午後と、7/2(月)午前、保育士不在のお知らせ

店主です。   7/2の月曜日午前、保育士か外せぬ用事でお休みを頂いております。 また、現在、毎週金曜日の午後も、保育士はお休みさせて頂いております。   申し訳ありませんが、お子さまを保育士にお預けになりたい方は、上記日時を避けてご予約をお願いいたします。   どうぞよろしくお願いいたします。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~17:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2018年06月24日

間質という空間と、揉みほぐしの感触

今年三月末に、人体に新しい発見(?)があったことを、ご存知でしょうか? 「体中の皮膚の下にある密度の高い結合組織」だと思われていた『間質』という場所が、「液体を運ぶ」「衝撃を吸収する」という役目を持つ「器官」であることを発見した、と、3月27日付けのScientific Reportsにて、ニューヨーク大学などを含む研究チームが発表したのです。 記事は多数ですが、代表としてWIREDの記事をリンクしております⇒こちらです。 この『間質』、リンパ液がリンパ管に引き込まれるまでの通路やクッションとしての役割がすでにわかっていましたが、あちこちにちょっとある隙間、であって、つながって何かの役割を果たしている、とは思われていなかったのです。   『なぜ今まで気づかなかったの?』とおっしゃる方も多いかと思われます。 気づかなかった理由の一つには、店主、なんとなく心あたりがございます。 実は、この数十年で画像診断装置や電子顕微鏡が進化するまでは、理科の実験で使うような顕微鏡で人体のかけらを眺めておりました。 顕微鏡用の標本を作るときには、「脱水操作」という、組織から水分を抜いて他の液体に入れ替える過程が不可欠です。 このときに、水分が大半を占める『間質』は潰れたり崩れたりしてしまって、元の形が残らなかったんだろうな、と。 昔、薬剤臭に鼻をつまみながら検体標本を作ったことがある身としては、苦笑するしかない話でした。   店主は、この発表を知って、やっと自分が触ってきた謎をとく手がかりがつかめました。 大きな血管やリンパ管が無い場所のはずなのに、『とくとくっ』と流れる液体の感触。 流れる感触があった直後、お客様の身体の力が、ふっと緩むのです。 だからこそ、動脈の脈動とは違う、でも、何かが動いている、という確信があります。 しかし、解剖学上では体表リンパと循環器以外での液体の流れはない、と言われていました。 何かがあるとわかっていながらうまく説明できず、じたじたとしておりました。 間質の話があって、やっと合理的な説明ができるようになり、そこから一ヶ月かけてレポートを書き上げ、伝を頼ってお医者様にお渡ししました。 話を聞きたい、という方がいらっしゃるならば、レポートも差し上げますし、話すこともいたします。 一介のセラピストである店主だけではデータを取れず、纏め上げることができません。 話を聞いて、一緒に研究してくださる方、どうかお声をおかけください。よろしくお願いいたします。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~17:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2018年06月24日

ゆんぬ様より感想をいただきました(EPARKより転載)

ゆんぬ様よりEPARKの口コミにて感想をいただきました。 こちらにも転載させていただきます。   『題名:じっくり揉みほぐし 住宅街でカーナビでは辿り着けず、グルグル。携帯に切り替え細すぎる道を通り到着しました。そして、中も想像以上の狭さでした。ただ、それを忘れさせてくれるくらい気持ちいい揉みほぐしでした。症状をとりあえず伝え後はお任せです。力加減はマックスでしていただきました。痛い所をやってもよくはならないというのは知っていたので腰、下半身からほぐしていくのも抵抗はなかったです。疲れすぎていてほぐれていくって感じはわからなかったが柔らかくなったと言いながらやっていただけました。なんでここが悪いかとか説明しながらやっていただいたのでとても良かったです。』   ご感想、ありがとうございました。 スタッフの返信は、EPARKの口コミにてごらんくださいませ。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~17:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2018年06月24日

モンスタ様より感想をいただきました(EPARKより転載)

モンスタ様よりEPARKの口コミにて感想をいただきました。 こちらにも転載させていただきます。   『題名:全身を施術していただきました 場所はナビを使えば分かりづらくはないのですが、周辺の道が狭いので注意が必要です。お店のすぐ近くに専用の駐車場があるとの事だったので事前に下調べしてから行ったらスムーズに到着出来ました。 ご担当いただいたスタッフの方が駐車場までお越しいただき、敷地の奥側の入り口までご案内していただけました。 部屋はベッドが一つあるだけのシンプルなところです。トイレもすぐとなりにあり、一度施術中にお借りしました。 問診をしていただき、すぐに施術が始まりました。力加減もよく、問診でお伝えした部分も含めて全身をほぐして頂きました。かなり念入りにしていただけたので、とても満足です。時間もきっちり75分と、好感を持てました。 また機会があれば伺いたいと思います。有り難うございました。。』   ご感想、ありがとうございました。 スタッフの返信は、EPARKの口コミにてごらんくださいませ。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~17:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2018年06月21日

やっと見つけたセルフほぐし

店主、昔から体全体がこわばっておりました。 健康診断で心電図を取るときに、必ず「力を抜いて下さい」と言われ、抜いているつもりでもダメ出しされ、筋電位除去のフィルターを使われました。 頭のたんこぶや腰の怪我跡をもみほぐした今も、手足からなかなか力が抜けません。 ストレッチでは伸びず、一部をほぐしてみてもすぐ固くなる。 お客様をほぐせるのに、自分がどうにもならなくて、ジタジタしておりました。   体の仕組みを考えつつ、あれこれ試してみて。 やっと、手がかりを見つけました。   ほぐしたい場所を掴んで固定。 そこから末端のところを、ひねるように動かす。 痛みがでない程度にです。無理をしても炎症を起こすだけで、いいことはありません。 外側と内側の筋肉を違う動きができるように、外から力を加えてサポートするのです。   これで右腕はかなり楽になりましたが、左は手首がなかなかひねりづらい。昔、左手首をひどく捻挫したからかもしれません。   怪我で固くなったところは、じっくりほぐしていきつつ、全体はひねりのストレッチ+αで手早く。 体が楽になっていくのが嬉しいです。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~17:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d