健康コラム

$logo_alt
2017年07月17日

クーラー病にならないクーラー?

店主、暑がりの割にクーラーは苦手です。 体の芯から冷えてきて、頭痛がしてきます。 起立性調節障害持ちの保育士は、寒がりで、もちろんクーラーが苦手です。 クーラーのついている部屋にいると、つらくなり、逃げ出して外にでると、すぐ楽になるそうです。   ある年、保育士の家の寝室にクーラーをつけることになりました。 暑すぎて寝れない、と、毎年子供達が困っているのを見かねたのです、が。 その子供達のうち一人は、クーラーが全く体に合いません。 喉が痛くなって、肌がひりひりとする、というのです。 なので、室内の汗の臭いと肌の乾燥を抑えるミストを出せる(=空気中に湿気をプラスする)という機能がついたものを選択。 体が冷えすぎない機能もついていたので、ちょっと期待、でした。   そのあとどうなったかといいますと。 クーラーで冷えすぎる、と、子供部屋からは一定時間で逃げ出すその子が、寝室だとエアコンをかけたままずっと平然としています。 実際に保育士がずっといても、体が冷えすぎる状態にはなりません。 これは、と思い、子供部屋のエアコンも同じ機能がついているものにしたら、凄くすごしやすくなりました。 メーカーのサイトでみたところ、吹き出口の温度はちょっと高め、湿度を下げることで、体表温度を下げすぎないようにしているとか。   その機能がない店のクーラーは、温度を設定せずに柔らかい除湿モードにして運用しております。 適度にひんやり、少しいるならすごしやすい状態です。 それでも、店主は動くと汗をだらだらと出し、なのに体が冷えてしまってちょっと途方にくれています。 香り付けの加湿器が動いていると、汗がそうでもないのが笑いどころかもしれません。   湿度もけっこうクーラーのつらさに関係あるかもしれないな、とこのごろ考えてしまいますね。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2017年07月13日

ないないっ♪(古傷の話)

店主と保育士、古傷だらけです。 店主は首のブランコたんこぶが小さくなってきた、というところで、肩に近い首の根元に変な張りが出てきました。 多分、ブランコが後ろからぶつかったときに、痛めていたのでは、と。ただいま自前でほぐしています。 体重は何も変わってないのに増えなくなりました、ラッキー。   一方、保育士は、右脇側全体の打撲、蜂に刺されまくった跡らしい丸いしこりの数々、右肩の亜脱臼跡、と、あちこちをほぐしました。でもまだまだありそう。 その保育士、今は足首がつらいというので、触ってみました。 足の甲を伸ばしていると楽なので、ヒールが高い靴を愛用している、とのこと。 改めて触ってびっくり。足首がすごく固くなっていて、指を伸ばす腱が、足首の関節の内側に引き込まれています。 他の傷が凄すぎたとはいえ、いままで気づかなかった自分にバカバカと言いつつ、揺らしてゆっくりほぐしました。   楽になった保育士に聞くと、物心ついた時にはすでに足首が固かったとか。 ハイハイのころから家を脱走していたというから、どこで何があったやら、わからない。 保育士はうーあー言っている私に一言。 「腱、ないないっ♪」   子供は確かに色々可愛く隠すけど、腱は隠さないでー!   ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2017年06月08日

妊婦様をお断りする理由

赤ちゃんは、お腹の中で、お母さんの身体に守られて、すくすく育ちます。 花で例えると、胎盤は温室、血流はそよ風と美味しい栄養。 ところが、もみほぐしなどで血行や身体の力バランスが急変化しますと、お腹の中のそよ風が突風になってしまいます。   大事な大事な花を、散らしたくありません。 だから、ねこやは妊婦様のもみほぐしをお断りしております。 どうぞ、ご了承くださいませ。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2017年05月06日

ダイエットにひねりは必要?

店主はこの数ヶ月、ダイエットといいながら、まずは体調管理、と、自分の体を揉みほぐして、水気を取っていました。 まずは全身の筋肉が緊張している体質を何とかしよう、というわけでした。 すると、ある程度力が抜けたあと、何も特別な運動も食事もしていないのに、するりと3キロほど減ったのです。 足の裏に土踏まずができ、頭がクラクラすることが少なくなりました。 ところが。 減りはじめてから二週間ほど経ったころ、軽い脱水症状とともに、背中が苦しくなり、吐き気が出てました。ただ、水気を取っても全然症状が楽になりません。 背中が苦しいけど、自分で背中は揉めません。前後運動をしても、緊張がとれません。どうすりゃいいかと数日苦しみましたが、ある時、えいやっ、と、座ったまま体をひねってみました。 直後、猛烈な吐き気でトイレに駆けこみましたが、そのあとはスッキリ。むしろもっと体をねじりたい。 腰を固定しながら、あちらをむき、こちらを向き、とやって、最後にお腹をもんで、体のつらさが落ち着きました。 背中だけでなく、お腹まわりにあった円筒の板のような固さも、なくなりました。 現在、全身はある程度のバランスが取れて、また首の後ろのたんこぶ跡を揉みほぐし中。 一通りほぐし終わって、二週目に入ったようなかんじです。 これはある意味失敗談ですが、ダイエットするなら知っておいたほうがいいかな、という典型的な話でしたので、恥を忍んで書かせていただきました。 体の内部をほぐすためにも、ひねりを入れた運動って必要なんだなーって、今回改めて実感しました。     ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d

$logo_alt
2017年04月21日

家でできる感染症対策

保育士の子供たちは、よく流行性の病気を拾ってきます。 ただ、風邪様のもの以外は、家族にうつることはほとんどありません。風邪も、あまりひどくなりません。 先日、ノロに一人がかかった時も、ものもらいが出たときも、家でできる範囲の対策だけで、家族に蔓延することなく終わりました。   彼女の家でやっている対策は単純明快。 感染源に触れることをできる限り減らすこと。   風邪をひけば引いた人には家の中でもマスクをさせ、ひいてない人は手洗いうがいで病原体を洗い流す。 ものもらいなら、ゴーグルをかけさせて、目薬をさす以外は外さない。 ノロなら隔離用の寝室を決め、災害時に使うようなポータブルトイレを寝室に作り、出入りする人間を最小限にしたうえで、入室用の服を決めて隔離が終わったら捨て、治ったら部屋にペットシーツを敷いて熱湯を染み込ませ、畳の消毒。   昔、風邪ばかり引いていた店主も、保育士一家を見習っていたら、寝込むことがなくなりました。 完全滅菌まで出来ずとも、一度に入る病原体を減らせば、体はちゃんと撃退してくれるものです。 まずは、慌てず騒がす、しっかりと手洗いうがい、ですね。   ほぐし処 ねこや 住所 〒277-0042 千葉県柏市逆井 4-24-36 アクセス 逆井駅より徒歩9分 電話番号 04-7113-4346(平日9:30~20:00) 営業時間 月~土 10:00~16:00(完全予約制) 定休日 第一土、日祝 (ほかに不定休あり) 当店facebookはこちら http://bit.ly/1TqmW8d